固定電話契約の仕方について

自宅や事務所、店舗などで固定電話を利用したいという時には新規に固定電話契約を行うことが必要になってくるのですがいざとなると固定電話契約の仕方ってどうすればよいのかよく分からないという人もとても多いかもしれませんね。

 

ですが、固定電話というのはNTTのホームページからNTT加入電話の申し込みをして回線の工事をしに来てもらえば簡単に利用を開始することができるようになっているため新規契約の手続きに関しては全く難しくはありません。

 

・NTT東日本ホームページ
・NTT西日本ホームページ

 

ちなみに、NTT加入電話の基本料金というのは利用する地域やプランによって異なってくるのですが安い場合だと月額1450円から、高めの場合だと月額2750円や月額3780円と言った金額になってきます。

 

また、通話料については市内通話であれば3分8.5円ですが市外や県内、県外といったより広範囲のエリアに通話するとなった場合には3分20〜40円の通話料が発生するということは念頭に置くようにしておきましょう。

 

なお、NTT東日本・西日本の加入電話を新規に契約する際にはこの他に電話加入権というのが必要になっていてこの電話加入権の費用として36000円が別途発生することになってきます。

 

電話加入権というのはいわゆる施設設置負担金のことで現在ではかなりインフラが整ってきたためこの施設設置負担金というのは昔に比べると減額されてきてはいるのですが現状としてはまだ36000円が必要なためちょっと高いなぁと感じたとしてもNTTの加入電話を利用する場合には必要な出費ということになってきます。

 

ただ、最近では旧来のNTT加入電話ではなくより通話料の安いひかり電話という格安固定電話サービスが主流になってきているためなるべく安い料金で固定電話を利用したいのであればひかり電話を利用した方が電話料金を節約できるようになってきます。

 

ひかり電話ってどんなサービス?

 

ひかり電話というのはNTTのフレッツ光を利用した格安固定電話サービスで旧来の固定電話回線ではなくインターネット回線を使用して通話を行うサービスです。

 

NTTというのは日本全国に光回線を張り巡らせていてインターネットを利用する際にはこのNTTの光回線を使用している人がとても多いのですが光回線のデータ通信の許容量にはまだ余裕があるのでその余裕分を利用して通話サービスを提供しようというのがひかり電話というサービスになってきます。

 

ひかり電話の特徴は何と言ってもその料金の安さで基本プランなら月額基本料金500円、通話料も全国一律3分8円という従来のNTT加入電話を利用する場合に比べてかなり低コストで固定電話が利用できるというのがとても大きなメリットになっています。

 

しかも、ひかり電話はNTT加入電話とは違って電話加入権が不要なのでこの分の負担がないというのも利用者にとっては非常に嬉しいポイントです。

 

どこで申し込めるの?

 

ひかり電話はNTT加入電話と同様にNTTのホームぺージから申し込むことができます。

 

ただし、ひかり電話の契約をする場合はNTTの代理店が独自のキャッシュバックキャンペーンを行っているケースがあるためNTTに直接申し込むよりもキャッシュバックのある代理店から申し込みを行った方がお得に固定電話契約を行うことが可能です。

 

キャッシュバックの金額が大きい代理店

 

キャッシュバック金額についてはどういった内容の固定電話契約を行うのかで変わってくるためまずはキャッシュバックが適用されるにはどういった条件に当てはまる必要があるのかを確認してから申し込み(見積もり)を行うようにしていきましょう。

 

キャッシュバックが受け取れる条件に当てはまるのに代理店を利用しないのは非常にもったいないです。

 

まとめ

 

固定電話契約をする際というのは現在では旧来のNTT加入電話ではなく電話加入権が不要で月額基本料や通話料が安いひかり電話を利用するが主流になってきています。

 

ひかり電話はNTTの代理店がキャッシュバックキャンペーンを行っている場合があるので条件に当てはまる場合にはNTTの代理店から申し込み(見積もり)を行ってお得に固定電話契約を行うようにしていきましょう。

TOPへ